設計のお仕事 プレカット図チェック

こんにちは、岐阜の注文住宅ユーハウス 設計の奥田です。

 

今回は設計のお仕事「プレカット図チェック」を紹介します。

 

平面図、立面図、建具表等の意匠図、電気図や給排水設備図を作成し

 

構造計算を終え 基礎図を作成しつつ

 

プレカット図のチェックを行います。

 

最近は構造部材をプレカット工場で

 

あらかじめ機械加工することがほとんどです。

 

設計図書と構造計算で導かれた構造図をもとに

 

プレカット業者がプレカット図を作成してきます。

 

私達設計部ではそれに間違いがないかを確認し

 

最終承認した後に建築部に引き継ぎます。

 

まずは構造計算時の仕様書と同じかどうかをチェック!

 

基本的な高さと間違いないか(土台~胴差~桁)

 

各部材の位置は間違いないか

 

土台、大引き、柱、梁、母屋、垂木、筋違、まぐさ等の各材寸

 

樹種、KD材かグリーン材か

 

集成材の場合は指定等級・ヤング係数どおりか

 

各階床の構造用合板は実(さね)ありか実(さね)なしか

 

間柱の納まり(壁の厚みや大壁・真壁によっても違う)を指定

 

接合金物とミライエ(※ミライエについては昨年末の奥田ブログ参照)

 

との緩衝はないか

 

通し柱等の四方差し箇所はピン金物で接合されているか

 

梁下の天井ふところで換気ダクトや排水管が通せるか

 

窓・開口部のまぐさ高さは間違いないか

 

羽子板ボルトが突出して仕上げ材に影響でないか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕口・継手の位置は適切か

 

土台伏図で継手をチェックしながら基礎アンカー図を作成して…

 

まだまだチェックポイントはたくさんあります。

 

同じ家が一棟もないので毎回違って奥深いので面白いです。

 

上棟日が恐怖でもあり楽しみでもあり。

 

現場が上手く納まり一安心。

 

お客様のお喜びの日が無事迎えられます様

 

いろいろな図面に気を配る設計の奥田でした。

ショールームで私たちとお話しませんか?

ショールーム Rakurashie