BLOG ブログ

社長2017.9.5

秋と言えば

秋と言えば、

やっぱり 栗きんとん でしょ。

 

中津川の 『すや』 では、

9月1日から売り始めてます。

しかし、今年の私は感謝祭が2日、3日だったので行けず仕舞い。

本日中央道を東に走って中津川まで行って来ました。

 

 

 

 

 

 

とりあえず、1つは食べないと私の秋は来ません。

 

 

中津川市内からちょっと足を伸ばして、

旧福岡町(今は合併して中津川市です)に来ました。

 

 

この施設は『くりくりの里』ですが、

お目当てはこの棚に並んでました。

「あじめコショウ」 (☚ 福岡の土壌で育てられた唐辛子です)

これが半端なく辛くて美味しいのです。

 

 

 

あじめコショウ(右)と

あじめコショウいりケチャップ 「とまとのKiss」 (左)です。

 

 

 

 

 

この施設恵那の障がい者施設『たんぽぽ福祉会』が運営していて、

土産物売り場、農産物販売所、和食処、軽食ショップ等が

別々の建物で建っていました。

 

野菜を詰めたり、掃除をしたり、イベントの準備をしたりは

すべて障がい者の自立支援のためにやらせているとのこと。

 

またこの施設の中の「夢工房」では、

地元の食材を使って、

漬物、瓶詰食品、ジャム、和洋菓子、ジェラート、

弁当などを手作りで生産しているそうです。

 

それらをここで「恵那たんぽぽ製品」として販売しているそうです。

素晴らしい試みに感動しました。

 

あじめコショウだけ買って帰るつもりでしたが、

野菜やリンゴを買って、

なおかつ昼食まで食べてしまいました。