RECRUIT 採用情報

活躍するスタッフインタビュー

YOU HOUSEで働くということ。

いま働いているスタッフの声は、きっと手がかりになると思います。
「今までの経験」や、「仕事に対する思い」など生の声をご紹介します。

入社前

入社前はどのような事をしていましたか?

以前は大手の土地メーカーで営業をしていました。営業の仕事自体はとても楽しかったのですが、毎晩帰宅が夜中を過ぎてしまうことや、地主さんへ提案する土地活用の方法に疑問を感じ、退職。またこの仕事に戻ることを前提に、一時的に妻の実家の家業を手伝っていました。
数年が経ち、家族の了承を得てもう一度土地活用の営業マンになるため、転職活動を開始。さまざまな会社を見ていたときに大雄に出会いました。「なんだか面白そうな会社だな…」と思ったのが第一印象です。

仕事へのこだわり

どうしてYOU HOUSEに入社を決めましたか?

地主さんにとってベストな解決方法を提案できるということが入社の決め手でした。以前の会社では提案できる土地の活用方法が地主さんに多額の借金をしていただきアパート等を建ててもらうことしかありませんでした。その点大雄は利益優先ではなく地元のお客様優先なので、アパートを建てるのが良いのか、そのままにするのが良いのか、地主さんにとっての最適な解決方法をしがらみなく提案できるんです。地主さんの問題解決のお手伝いを思いっきりできることが嬉しいですね。

ユーハウスのイベントでは仲間とバーベキューをしています!
会社内のイベントでは、司会も務めました!

自分らしさとは?

この先どのようなことに
挑戦をしていきたいですか?

私は自分自身が「地主さんのお助けマン」でありたいと考えています。相続や収益、その他のさまざまな問題やお悩みにおいて、地主さんのお力になりたいと思っています。これはずっと思っていたことで、この気持ちは今も変わっていません。大雄は地元の方に必要と思っていただけるような会社になることを本気で目指しています。私自身も、これからも地主さんの良き相談相手、そしてお助けマンでいられるよう、真摯に仕事と向き合っていきたいです。

入社前

入社前はどのような事をしていましたか?

幼いころから建築関係の仕事につくことが夢で、大学卒業後に施工までを担当している設計事務所で働き始めました。そこで図面が実際に現場で形になっていく様子や、設計と施工両方の重要性を学び、二級建築士の資格を取得することができました。地元に帰るために岐阜の会社を探していたときに、父の紹介で大雄を知ったのが始まりです。「家はお客様と共につくりあげるもの」という考えの私にとって、良い家をつくることに真剣な大雄はとても魅力的で、入社を決めました。

仕事へのこだわり

どうしてYOU HOUSEに入社を決めましたか?

入社当時、住宅事業部はまだ稼働3年目でした。立ち上げて間もない頃は資料作りからイベントの準備や後片付けまで何でもやり、一人あたりの仕事量が今よりも多かったのですが、素敵なお客様に支えられて社員皆が一致団結し乗り越えることができました。ユーハウスは家を「売る」感覚ではなく「お客様と一緒につくりあげる」という感覚を大切にしています。私もその感覚を大切にし、お客様と向き合いながら家づくりに一生携わっていきたいと考えています。

岐阜の工務店ユーハウスの全社キックオフ大会では司会もつとめました。
岐阜の工務店ユーハウスにいらした、ご家族づれのお客様と一枚。

自分らしさとは?

この先どのようなことに
挑戦をしていきたいですか?

数ある住宅会社の中からユーハウスを選んで家づくりを託していただいたことの喜びと、「絶対に素敵な家をつくってお引渡ししなければ…」という責任感を、これからも大事にしていきたいです。背筋がピン!と伸びる感覚といいますか。OB様のご自宅を訪問すると、楽しさを感じると共にそうした感覚を再確認します。幼いころからの夢であった家づくりに関われている今、お客様と向き合い仕事に真剣に取り組むことで「良い家」をつくっていきたいと考えています。

入社前

入社前はどのような事をしていましたか?

学生時代は高知の大学に通っていたのですが、就職は地元である岐阜でしようと考えていました。これまでの人生を振り返ったとき、楽なことばかり選んできた自分に気付き、就職は最も難しく責任あるものを扱う住宅業界にしようと決めました。高知から岐阜に帰ってくるタイミングで企業説明会をしている会社を探していたとき、偶然見つけたのが大雄だったんです。説明を聞いて、「こんなにお客様のことを考えている会社があるんだ!」と驚いたのを覚えています。

仕事へのこだわり

どうしてYOU HOUSEに入社を決めましたか?

入社1、2年目の間、自分の力不足や人間力の不足を痛感して悩んでいました。そんなとき社内のトップ営業マンの研修に参加し、「人間、トコトンやらなくてはならないときがある」という言葉を聞きました。その時に「今期トコトンやってやろう!」という覚悟がついた気がします。ユーハウスでは、勉強したい人がしっかり学べる環境があります。研修制度も充実していますし、外部のセミナーに参加することもできます。私も学び続け、仕事に全力で向き合い続けたいです。

岐阜の工務店ユーハウスの同僚と一枚。
岐阜の工務店ユーハウスにいらした、ご家族づれのお客様と一枚。

自分らしさとは?

この先どのようなことに
挑戦をしていきたいですか?

おかげ様で家づくりのパートナーとして選んでいただくことが増え、お客様と深く関わるこの仕事にますますやりがいを感じています。それと同時に、お客様の一生に一度の家づくりを託していただくことの責任の大きさを感じます。
良い家をつくるには、つくり手側の私たちが知識や提案力をつけて、お客様の立場で仕事をさせていただくことが大切だと思います。なので、私自身が家づくりについてトコトン学び仕事に打ち込むことで、その責任を果たしていきたいです。

入社前

入社前はどのような事をしていましたか?

昔から人と接することが好きで、学生時代の就職活動は接客・営業に絞っていました。興味のあった家具・雑貨・住宅に関する企業を探している中で、ユーハウスに出会いました。実際に会社説明会に参加してお話を聞いて、一本芯の通っている考え方や社長の自信にあふれた姿に惹かれ、その後学生を対象とした完成住宅の見学会に参加して実際にユーハウスの建てた住宅を見たとき「ここなら大丈夫!」を確信したんです。そのときにはもうお世話になることを決めていました。

仕事へのこだわり

どうしてYOU HOUSEに入社を決めましたか?

建築学科出身ではない私にとって、最初は建築用語や図面の見方など分からないことだらけでした。しかしユーハウスには周囲の方々が自分の時間を割いてもフォローしたり、教えたりする風土がありました。それが本当にありがたかったです。知識がつくにつれて、どんどん仕事が面白くなっていきました。お客様に自信をもって接するには、自分が学び続けることが大切だと思います。そうした環境があるユーハウスならば、建築学科を出ていなくても大丈夫です!

自身の愛娘と一枚。
岐阜の工務店の社内イベントにも積極的に参加しています!

自分らしさとは?

この先どのようなことに
挑戦をしていきたいですか?

ユーハウスは皆が仲良く、会社がひとつの大きな家族のような関係です。結婚、出産を経験しましたが、育児休暇制度も利用しやすく、現在も定時で帰らせてもらっています。子どもの行事の際には休日も取れますし、仕事をしながら育児ができる環境は本当に皆のおかげで、ありがたく感じています。そういう空気をユーハウスの皆がつくってくれているんですよね。これからもこの家族の一員として、地域の方々に必要とされる会社になるよう、日々頑張っていきたいです!

岐阜の工務店ユーハウスに採用エントリー採用にエントリーする

YOU HOUSEでは、お客様の幸せを精一杯考え・行動できる仲間を求めています。
共に成長しながら楽しく働きませんか?皆様のご応募をお待ちしております!