SOLATA 仕様・構造

YOU HOUSEの優れた性能
 

良い家づくりには欠かせない
「目に見えない部分のYOU HOUSEのこだわり」

屋根は100mm、壁は85mm、床下は65mmの幅があります。冬は寒さを遮り、室内の暖かい空気を循環させます。夏は暑さを遮り室内の涼しい空気を循環させます。

“夏涼しく・冬暖かい”魔法瓶みたいな家

断熱 断熱

断熱

ウレタン魔法瓶断熱

屋根は100mm、壁は85mm、床下は65mmの幅があります。冬は寒さを遮り、室内の暖かい空気を循環させます。夏は暑さを遮り、室内の涼しい空気を循環させます。

YOU HOUSEでは家の外周部、屋根面の断熱材は硬質ウレタンフォームを採用しています。
水発泡の現場吹き付け施工で、約100倍にまで膨張し、すみずみまで充墳され固まります。家がいわば「魔法瓶」のような状態になり、外気温の影響を受けづらくなります。

一体成形のベタ基礎(コンクリート)です。

地震に強く、シロアリや湿気を防ぎます

構造 構造

構造

一体成形のベタ基礎

一体成形のベタ基礎(コンクリート)です。

YOU HOUSEでは、ベースと立ち上がりのコンクリートを同時に打設する一体成形の工法を採用し、継ぎ目のない丈夫な基礎を造っています。ベースと立ち上がりを同時に打設するため、継ぎ目のない高強度な基礎が出来上がります。
耐震性に優れているだけでなく、湿気やシロアリの侵入も防ぐことができます。

C値=5.0(次世代省エネルギー基準)では約26cm四方の隙間が空いているのに対し、C値=0.3(YOU HOUSE)は約6cm四方の隙間しか空いていません。

熱を逃さない、侵入させない

断熱 断熱

断熱

高い気密性

C値=5.0(次世代省エネルギー基準)では約26cm四方の隙間が空いているのに対し、C値=0.3(YOU HOUSE)は約6cm四方の隙間しか空いていません。

YOU HOUSEの家は、高い気密性を持っています。気密性を表す数値で、C値というものがあります。C値とは、住宅の床面積1㎡あたりにどのくらいの隙間が空いているのかを表す数値で、この数値が小さければ小さいほど、隙間の少ない家ということになります。
次世代省エネルギー基準では、岐阜県・愛知県はIV地域となり、C値が5以下であれば高気密住宅となります。YOU HOUSEのC値は0.3(※1)次世代エネルギー基準のなんと1/16の隙間しかありません。

従来の木造軸組工法では構造接合部に力が集中するのに対し、モノコック構造では建物全体に力が分散します。

日本の伝統的工法に強い強度をプラス

構造 構造

構造

モノコック構造

従来の木造軸組工法では構造接合部に力が集中するのに対し、モノコック構造では建物全体に力が分散します。

木造軸組工法(従来工法)とは、構造材を柱・梁で組み上げていく日本の伝統的な工法です。比較的間取りの制限を受けにくく、リフォームを行いやすい利点が有ります。
更に強度を増やすために、この木造軸組工法に加え、壁にハイペストウッドという面材を使用したモノコック構造を採用しています。

一年中快適で、光熱費を節約できます

換気 換気

換気

24時間熱交換型換気システム

換気システムは、大きく分けて3つの換気システムがありますが、YOU HOUSEの家は、熱交換型の第一種換気システムを標準採用しています。
熱交換システムにより、外気をなるべく室温に近い状態で取り込むことで室温への影響をへらし、冷暖房の効率をアップさせます。省エネで環境にも家計にも優しいシステムです。

部材ごとの構造計算書は600ページにもなります。

600ページにもなる部材ごとの構造計算書

構造 構造

構造

許容応力度計算

部材ごとの構造計算書は600ページにもなります。

YOU HOUSEでは全戸で「許容応力度計算」を実施しています。「壁量計算」が建物全体としての耐力壁量とバランスを検討しているだけなのに対し、「許容応力度計算」は力の伝達を確認して、部材ごとの応力を求め、その安全性を確認していく方法です。この構造計算により耐震等級2(建築基準法の1.25倍の強度)以上の耐震性能を確認しています。
※ご要望により耐震等級3(建築基準法の1.5倍の強度)も可能です。