VOICE お客様の声

奥様の使いやすい家

各務原市 K様

きっかけは何ですか?

2LDKのマンションに住んでいたんですが、私達の趣味が音楽なので、キーボードが2台、ギターが1つあったり1部屋を物置として使っていたんです。そして、子供が産まれて子供の洗濯物やベビーバスなど、子供関連のモノを置く場所に困ったのと、家賃の事もあって、将来戸建を建てるのだから、だったら今から探そうか?て感じで住宅会社を回り始めました。

どうやって住宅会社を探しましたか?

最初は定番だと思いますが、各務原市・岐阜市・可児市の住宅総合展示場を回りました。ただ、どのハウスメーカーさんもモデルハウスが70坪、80坪とかあって実際のイメージが出来ずに困っていました。『ここの和室の色使い、いいな』とか『このドアのデザインいいな』という部分的な参考にはなりましたが、家全体のイメージは湧かなかったですね。

ユーハウスを家づくりのパートナーに決めた理由を教えてください。

他社で家の話を進めていたので、価格の事について質問したんです。その時に、三浦さんにとても分かりやすく教えて頂いて、なんかちょっといい感じの人だな、って思いました。そして、大手さんだったら自分たちがやりたい事が75%しか出来ない事でも、ユーハウスさんなら予算内で全部出来るなって感じたんです、そこから自分たちのこだわりをどんどんぶつけました。それまでのハウスメーカーさんは『それは出来ない』『価格がとてもUPします』と、ちょっと面倒な事に対して『出来ません』という対応だったのですが、三浦さんは『ちょっと考えてみます』と、毎回本当に前向きに対応してくれました。打合せを重ねる中で、図面を何回も書いてくれる三浦さんの姿勢に共感して、もうここしかないって思うようになりました。何か家づくりの打合せそのものがとても楽しかったです。

家づくりでもっともこだわった事は何ですか?

一言で言うと妻が使いやすいように、ということです。ウチは台所に立つと1階奥の和室から2階の子供部屋まで、全て人の気配が感じられるように設計してもらってます。それと、キッチンとキッチン周辺の使いやすさですね。例えば吊戸の把手は妻が手を伸ばした所にあるように高さを設定していただいたり、電気のコンセントの位置や食品庫の配置も、本当に私達に使いやすいようにつくって頂きました。

家づくりで一番困ったことは何ですか?

外壁や和室の床の間の色を決めるのに、サンプルが小さすぎてイメージが湧かなかった事ですかね。あと、建具やキッチンのデザイン、色などもイメージが湧かなかったのですが、こちらはユーハウスさんと一緒にショールームに行き、現場を確認できました。1つの商品の仕様を決めるのに、本当に親身になってくれました。

入居後の感想をお聞かせ下さい。

とにかく冬は本当に暖かいですね。それと住んでみて感じるのは、本当に使いやすいということです。個人的に気に入ってるのは2階のベランダです。大きな屋根を架けていますが、光を取り入れられるし、雨が降っても洗濯物が濡れない。そして、子供用プールをらくらく置けるんです。子供の楽しそうな顔に癒されます。

これから家を建てる方にアドバイスをお願いします。

まず、夫婦でしっかりと住んだ後のイメージを話し合う事が重要だと思います。何を大切にしたいのか、どこにこだわりたいのかをお互い良く理解して、そしてそれを業者さんにぶつける事だと思います。家づくりはやっていく中で気づく事、やりたい事がどんどん出てきます。そうしたとき、気軽にモノが言える担当者の方が、絶対に良い家を建てられるのではないでしょうか?人生でもっとも高額なモノですから、家づくりそのものをぜひ楽しんで頂けたら、と思います。