VOICE お客様の声

生活習慣を変えない間取りにこだわった家

各務原市 K様

家を建てようと思ったきっかけは何ですか?

一番上の子どもが小学校にあがるということと、以前住んでいたアパートでは手狭になったということです。アパートの一部屋が収納部屋となってしまっていました。

ユーハウスに相談しようと思ったのは何故ですか?

モデルハウスを見に行って、「いいな」と思いました。案内してもらっている時の主人の食付きもいつもと違いましたね。雰囲気が良く、収納の考え方も斬新で、女性目線ということも子どもにとって良いかなと思い、ユーハウスでほぼ決定という気持ちで相談に行きました。

入居後の感想をお聞かせください。

LDKに床暖房が入っているのですが、その床暖房を使わなくても冬を暖かく過ごせました。日当たりが良くて光が入るのと、高気密高断熱住宅だからですかね。あとは、空間をあまり区切らなかったので、家全体に目が行き届いて良いですね。子どもの様子も分かりますし、掃除機をかける時もコンセントを差し替えずにお家の中をグルッと一周できるので、すごく楽です。

これから家を建てる方にアドバイスをお願いします。

今までの生活習慣は変えない方が良いと思います。主人が家で仕事をするために主寝室にカウンターを設けましたが、アパートで暮らしていた時の習慣で、結局は家族がそばにいるスタディーカウンターを使っています。「ここにつくるからここでやろう」ではなく、「自分が過ごしやすいところにつくる」。リビングのクロークも、2階につくっていたら家の中は散らかっていたと思います。あとは、部屋の数にあまりこだわらないことですね。我が家は和室を区切らず畳コーナーにして、2階の子ども部屋もつなげて使えるようにしているので、ほぼ2LDKです。部屋を区切ることは後からでもできるので、子どもが小さい間は空間をつなげて広くしておくと、どこにいるかがすぐに分かって安心ですよ。そうすると、気持ち的にも楽です。