VOICE お客様の声

ゆったりリビングに化粧梁のある家

各務原市 W様

家を建てようと思ったきっかけは何ですか?

次女が生まれ、住んでいたアパートが手狭になってきたのがきっかけですね。長女が小学校に上がる前に家を建てたかったというのもあり、住んでいたアパートの近くで住宅会社を探し始めました。

ユーハウスに相談しようと思ったのは何故ですか?

まず収納ですね。アパート暮らしの時は収納量に困っていたので、住宅会社選びの基準の一つに「収納」がありました。ユーハウスのモデルハウスを見て、土間収納やパントリーなど「欲しいな」と思っていた収納がほとんどありましたし、「お家の雰囲気もいいな」と思いました。それから、鵜沼各務原町にあったモデルハウスはテーマが「俺の家」という事で、ママの目線に立った家づくりの中にパパ目線も含まれていたのでいいなと思いました。ランラン間取りなども惹かれましたね。

家づくりでもっともこだわったことは何ですか?

梁を付けたリビングにこだわりました。ユーハウスのモデルハウスで、リビングに梁を見せているのを見て、「絶対に付けたい!」と思ったんです。あと、モデルハウスを見て「絶対に取り入れたい!」と思ったのが、スタディーカウンターの横につけた、デザインガラス入りの仕切り壁です。このデザインガラスは“マルシェ”というモデルハウスで出会ったんですが、私達の家はその時すでに着工していたんです。でもどうしても入れたくて、急遽取り入れてもらいました。和室の照明もこだわりの物を選びました。和風すぎず、可愛らしさもある物を坂本さんが提案してくれました。

これから家を建てる方にアドバイスをお願いします。

自分達が実際に住んでいる姿を想像しながら、お家づくりを進めていった方が良いと思います。電気スイッチの位置や高さも、1つ1つ考えて進めていくと良いですよ。私達のお家の窓は、デザイン重視の窓が多いです。取っ手をクルクルと回して開け閉めする必要があるので、急に雨が降ってきた時などは閉めるのに時間がかかってしまう時もあります。ですので、実際に住む時の使い方などを考慮する事も大切だと思います。あとは、やはり一生に一度のお家づくりになると思うので、自分達の要望を妥協せずに打ち合わせしていった方が良いです。私達も毎週毎週打ち合わせを重ねたので、今の住いに満足できているんだと思います。