VOICE お客様の声

素敵な和室のある家

坂祝町 N様

家を建てようと思ったきっかけは何ですか?

築30年ほどの母屋の耐震性が不安で、リフォームを念頭に住宅会社の見学会等に足を運んでいましたが、同居の両親がまだ現状のままでいいという考えでしたので、母屋に隣接した古い車庫を壊して、将来子どもが所帯を持った時も住めるような建物を作ることにしました。

ユーハウスを家づくりのパートナーに決めた理由を教えてください。

マルシェを初めて見た時に、モデルハウスのデザインと素材に惹かれました。他のモデルハウスのシアタールームや木格子も魅力的でした。家づくりの考え方も自分たちの想いに合っていたし、担当の三輪さんも話しやすかったですね。他社の男性営業マンよりも信頼ができて頼りになると思いました。

家づくりでもっともこだわったことは何ですか?第一に居心地の良さです。

初めて見に行った地元の工務店のモデルハウスが漆喰の壁で、室内の空気がよくて落ち着く空間でしたので、室内の壁は全面漆喰にしようと決めていました。県道に面し車の騒音が気になるので、道路に面した壁には遮音シートを張ってもらい小さめの窓にしました。また、モデルハウスを見て気に入った木格子をリビング前につけてもらいました。外からの視線も遮り、外観のアクセントにもなっているので皆さんからも好評です。第二に着つけ教室で使用する和室です。教材を置けるように吊押入れの棚を細かく打ち合わせしたり、和箪笥や鏡、ボディを置く収納を作ってもらったり、床暖房を入れてもらったりといろいろ希望を聞いてもらいました。板の間は最初濃い色を選んでいましたが、三輪さんや梅田さんのアドバイスで明るい色に変更してもらいました。空間が広く感じられ、違い棚との調和もとれてとても素敵な和室になりました。

家づくりで一番困ったことは何ですか?

銀行とのやり取りですね。銀行とのやり取りは主人がやっていたのですが、平日は会社があるので銀行に行く時間をつくるのが大変でした。あとは、クロスなど細かいところまで家の仕様を決めないといけないので、打ち合わせには時間がかかりました。主人が忙しい時には、私だけで打ち合わせをすることもありましたね。そういう時にはサンプルを家に持ち帰って、主人と相談して決めていました。