VOICE お客様の声

部屋が一直線に繋がる家事ラク設計の家

養老町 M様

家を建てようと思ったきっかけは何ですか?

2人目の子を妊娠している時に、家族が増えるとアパートでは狭く不自由だなと感じたので、家を建てようと思いました。いずれは主人の実家の近くに住もうと思っていたので、子供が友達と離れて寂しい思いをしないように、1番上の子が保育園に入る前には建てたかったですね。

どうやって住宅会社を探しましたか?

総合展示場に行ったりフリーペーパーを見たりしました。総合展示場に行けばたくさんの会社を1度に見られると思っていましたが、1社を見るだけでも思ったより時間がかかったり、子供がぐずったりすることもあって、1日に見学できるのはせいぜい2社くらいでしたね。

ユーハウスを家づくりのパートナーに決めた理由を教えてください。

会社の雰囲気や、考え方に共感できたので「ここにしよう!」と決めました。主人の反応も良かったですし、自分たちが一番納得できたのがユーハウスでした。見学会に行く度に「こういう家を建てたい」と思って見学していました。

家づくりで、もっともこだわったことは何ですか?

ユニットバスを一直線の動線にしたことです。動く距離が少ないから、家事をするのが楽ですよ。リビングは大きなソファーを置いてもゆったりしているので、子供たちが元気に走り回っています。キッチンの隣につくった土間収納は、最初、主人はいらないと言っていたんです。でも、もらった野菜を置いておいたり、ゴミも置いておけるので、つくって良かったです。間取りは、山本さんが提案してくれたものに対し、主人が考えた図面を渡して考えてもらいました。何度もやり取りしてもらったので、山本さんは大変だったと思います(笑)最終的には、主人が考えた間取りに対して山本さんが細かい部分をまとめてくれました。

これから家を建てる方にアドバイスをお願いします。

自分はこうしたいという想いをしっかり持つことです。プロの人に言われるとその通りにした方がいい気もしてきますが、「これはできないかも…」と思ったことでも、伝えれば親身に対応してくれるので遠慮せずに言った方が良いですよ。一生に一回のことですし、そうした方が自分たちが納得した家づくりになるのではないかと思います。